2018年10月21日日曜日

1/48 Canadair Sabre Mk.4 (8)

上面色を塗装しました。
最初に特色のC331ダークシーグレーを吹き付け。ガルグレーを混ぜてかなり明るめにして濃淡でグラデーション。
そしてダークグリーンC330を塗装。コチラも同じ様にガルグレーを混ぜて明るめにしてグラデーション。迷彩パターンはある程度決まってるみたいですが機体により個差もあるし今回のマーキングの実機写真も見つからなかったので結構適当です。
これで基本塗装が終了。
細かな部分を塗装していきます。

2018年10月9日火曜日

1/48 Canadair Sabre Mk.4 (7)

風防を接着後継ぎ目を処理、マスキングしてから機内色を吹いておきました。
そして全体にサーフェイサーを吹き付け。
いつもの様に1500に少しメタルプライマーを混ぜた物。
下面色を塗装。
下面は無塗装ではなくシルバーに塗られているみたいなのでC8シルバーに若干ホワイトを混ぜた物で塗ってみました。
それだけではちょっと物足りないのでスモークグレーで汚し…と言うのか分かりませんがグラデーションをつけてみました。フラップや大まかなパネルライン部分はスジ彫りに沿って進行方向部分をマスキング、後方にスモークグレーを吹き流す感じで塗ってみました。

2018年9月24日月曜日

1/48 Canadair Sabre Mk.4 (6)

コクピット周りを塗装。
前部風防の防弾ガラス部分を塗っておきました。前に作ったF-104と同様に色の源とクリアを混ぜて作った少しグリーンがかったクリアブルーで塗装。その後軽くコンパウンドで磨いておきました。
照準器周りなども先に塗装しておきました。照準器のガラスは0.2mmの透明プラ板で作り直し…若干サイズがよく分からなかったけど。
脚周りもカバー以外の部分だけ先に塗装しました。
ピトー管も真鍮パイプで作り直しておきました。

2018年9月13日木曜日

1/48 AMX International A-1B (10)

胴体のスジ彫りを行ってみました。
正確な図面とかがあれば良いんですが無いので基本的にネットの画像検索で対処。結構ウォークアラウンド的な物もあるんですがどうしてもココが解らない!みたいな部分もありその度にまた調べたりして時間がかかりました(;^ω^)キットには元々スジ彫りがモールドされていますが色々見ていくと違ってる部分があるので一旦埋めてから彫り直し。排気口付近はリベットが沢山打ってあるので細切りマスキングテープをガイドにして下書き、リベット打ちを行いました。
胴体後部にはチャフフレアディスペンサーが装備されてますがB型は付けてる事はあまり無く塞いであるみたいなので埋めておきました。アレスティングフックはキットの物を少し細く削って使用、両端部分のディテールをプラ板で追加しました。下面に二つあるインテークはキットのパーツだと幅が太すぎるのでプラ板で作り直しました。尾翼のガイド(?)もプラペーパーで製作。
コクピット両側面部分は一部パネルが透明なプラ製(?)となっていたので一旦ノミやナイフで彫り込んでカットしたアクリル板を埋め込む事に。予め内部を塗装しておきました。
キットでは乗降時に使うハシゴが付属しているのでそのまま出した状態にする事にして今回は更にステップも再現する事に。使用時に一部パネルを開いてソコがそのままステップとなる様なので写真を見ながらノミやナイフで彫り込んでおきました。あと実機では武装がイタリア/ブラジル空軍機とで異なっている為パネルライン(ガンベイ部分)に違いがあるんですがキットだとそれぞれが混在してしまっている様なので写真を見ながら修正しておきました。編隊灯の部分はプラペーパーを貼っていますがココもイタリア/ブラジルで微妙に位置が違っているみたいです。
機首下面も各アンテナ類の基部を作っておきました。ココも両国で配置に違いがあるんですが更に単座/複座や個々の機体でもインテークの位置など微妙に差異があるみたいです(;^ω^)一応出来るだけA-1Bの写真を参考にはしていますがやはりよく分からない所は適当に。

2018年9月2日日曜日

1/35 Autoblinda AB 40 Ferroviaria (4)

キットにはフィギュアが付属しておらずちょっと寂しいので一体作ってみました。
装甲車用クルーのフィギュアはミニアート辺りから良いのが出てたんですが今回は何となく手元にある物から改造してみました。…とは言え時間がかかるので一体だけ(;^ω^)ジャンクパーツの中にタミヤMMシリーズ初期からいる有名な戦車兵がいらっしゃった(?)のでコレをベースに改造。関節部分でカットして砲塔部分に合わせて適当にポーズ付けしました。以前改造した時と同じくヒートペンを主に使用してます。
若干頭でっかちで細身なのでヒートペンでプラを盛ってバランスを取っていきました。一応今回はドイツ軍にしようという事でドイツの装甲車クルーの軍装を参考に製作…AFVはあまり作った事が無いので結構適当ではありますが。頭は帽子を被せる様にカットしました。
…でナイフやノミ、ヤスリを駆使して彫刻、完成です。
帽子や双眼鏡、ホルスターは別のキットからの流用。スリングは以前安いので買ってみたパッションモデルズのドイツ軍用汎用スリングセットを使用してみました。丁度耳も付属してたのでコレも使用…と言うか耳の方が効果的だった感じ。
乗せてみた状態。
手間を考えると買った方が早いんですがまぁコレも面白いかなって事で。

2018年8月15日水曜日

1/48 Canadair Sabre Mk.4 (5)

コクピットのキャノピー周りをディテールアップしてみました。
ハチロクの資料は一通り持っていたんですがこの辺の細かな部分が良く判らなかったので結構適当に製作。キャノピーはパーティングラインが通っていたので耐水ペーパーとコンパウンドで磨いておきました。
照準器周りも適当にディテールアップ。
後で気付いたんですが右舷後方のインテークは実機では付いてない様なので削り取って埋めておきました。コレはF-40以降に付けられたみたいでソレ以前は無しが正解の様です。
あと脚周りやエアブレーキなども製作。
主脚のタイヤは少し薄いかなと感じたので0.25mmのプラ板を挟んでおきました。実機でも割と薄いのでほとんど好みではありますが。継ぎ目を消す時にタイヤの溝も消えてしまったのでPカッターなどで復活させてから接地面を軽く平らに削っておきました。主脚柱はブレーキホースだけ銅線で追加。カバー類はフチを薄く削っておきました。前脚のタイヤは溝が無いけど実機でも無いのがほとんどみたいなのでキットのままです。

2018年7月29日日曜日

1/35 Autoblinda AB 40 Ferroviaria (3)

AB40の続きを作ります…結構久しぶりになっちゃったけど元々11月のタミヤフェアに出品するつもりで買ったので今年こそは間に合わせたい所です(;^ω^)
シャーシとボディをくっつける前に入り組んでる部分を塗装しておきました。一度影になる部分に黒を吹いてからハイライトとなる部分にダークイエローを吹き付け…実際はほとんど見えない所なので割とざっくり目に塗装。一応内部もハッチなどから覗いて見えそうな部分だけ黒く塗っておきました。
で、上下を接着。
付属のレールも組み立てておきました。
ちょっと乗せてみました。
中々良い感じです。